友人がかなりグルメで、季節のものでおつまみをつくり、少しいいワインを会わせて楽しんでいるようです。

富士山の見える場所でグルメを
富士山の見える場所でグルメを

季節のグルメでワインを楽しむ友人

友人がとてもグルメな人で、季節のものを上手に料理しては、高級なワインと合わせて楽しんでいます。たとえば春なら、ふきのとうをフリットにして塩でいただくのがおいしいようです。ここで、ふきのとうのてんぷら、ではなくフリットというのがおしゃれなところです。これはきりっと冷やした白ワインがいいようです。他には今ならアスパラガスでしょう。これも茹でるのではなく、グリルで網焼きにすると甘さが引き立つとのことでした。自家製のベーコンを添えると立派な一品になります。

あたたかくなると、ひんやりしたものが美味しくなるので、冷奴なども作るようです。でも彼女の冷奴は、おかかやねぎをのせてお醤油で、というシンプルなものではありません。パクチーなどの香草を乗せたり、特製のラー油をかけたりして、多国籍料理風にアレンジするのが彼女の流行のようです。冷奴と言うとビールか日本酒ですが、こうやってスパイシーにするとワインにもあうおつまみになります。

Copyright (C)2017富士山の見える場所でグルメを.All rights reserved.