ご当地グルメの中にはご当地バーガーがあり、サンドする具材もその土地ならではの食材であるなどの特徴があります。

富士山の見える場所でグルメを
富士山の見える場所でグルメを

食材をサンドさせたご当地グルメ

全国各地には、特定地域限定で提供されるご当地グルメが多数あり、中でも若い世代から人気を集めているのが、ご当地ハンバーガーで、地域の活性化・町おこしを目的として販売されたのが始まりで、現在では全国各地のハンバーガーを求めて食通が通い、グルメ雑誌・メディアでも幅広く取り上げられています。特に注目されているご当地バーガーが、昭和25年頃に基地に駐留していた海軍がレシピを教えたことから広がりを見せた有名ご当地バーガーで、地元の食材を使い、注文を受けてから調理するのですが、パテなどは手作りであることがこだわりであり、バンスのサイズやサンドする具材などは、現在各店舗で様々にあり、ボリュームがあることが一番の特徴になっています。

元祖の店舗では、サンドするベーコンまでを手作りしていて、スモークで香りの良いハンバーガーに仕上げているのが特徴になっています。その他にも、カキフライやフグのフライをサンドしていたり、カリカリに焼いた油揚げをバンズとして具材をサンドした変わりバーガーなど、全国各地で様々なご当地バーガーが誕生しています。

Copyright (C)2017富士山の見える場所でグルメを.All rights reserved.