今や広く知られるようになった郷土グルメ「まめぶ汁」。名前だけ知って味を知らないなんて勿体ない!

富士山の見える場所でグルメを
富士山の見える場所でグルメを

郷土グルメ「まめぶ汁」のすすめ

岩手県の久慈市。TVでも話題になった番組でも紹介された「まめぶ汁」。お味噌汁とも、煮物とも違うこの料理。東北の代表的グルメとして皆様におすすめいたします。まめぶ汁の癖になるその味とは?皆様にお伝えします。

さて、「まめぶ」とはなんでしょうか。これは小麦粉を捏ねて中にクルミと黒砂糖を入れ丸めたものです。クルミの歯ごたえと黒砂糖の深みのある甘さが入り乱れ、もちもちとした生地によく合います。これだけでもおいしそうですね。

そのほかには人参やごぼう、かんぴょうなどが入り食べ応えも抜群です。だしと醤油で味を調えた後、澱粉でとろみをつけているため、最後の一滴までアツアツで頂けます。実はこの「まめぶ汁」、当初は集落でしか食べられていませんでした。徐々に認知され始め、2011年にあった大震災で炊き出しとして振る舞い、大きく広まることになりました。あの雪の降る中、心も寒くなったあの時、人を温かくさせた中の一つに、この「まめぶ汁」があったのです。東北のあの時すすった「まめぶ汁」、日本中の人に食べてもらいたいものです。

注目のキーワード

Copyright (C)2017富士山の見える場所でグルメを.All rights reserved.