テレビ番組でも多いグルメ番組ですが、放射能なんて気にしなくて大丈夫!という印象操作のひとつだと感じています

富士山の見える場所でグルメを
富士山の見える場所でグルメを

グルメ番組の内容について思うこと

テレビを観ているとグルメ番組がけっこう多いですが、私からしてみれば、放射能のことも気にせずになんでもかんでも食べている(食べるのを見せる)番組作成者の考えにとても疑問を抱きます。こういう批判をすると風評被害を招くからと逆に批判をされそうですが、これまでほぼゼロに近かった食品内に含まれる放射性物質が、100ベクレル以下ならばOKとし流通している現状ですから、決して風評被害などではなく、本当に危険なものが流通しているのだという認識を消費者にももって欲しいと思います。

芸能人や多くの人達から支持されている(世の中に影響を与える)人が食べているのをみると、そういう知識のない視聴者からみれば「ああ、大丈夫なんだな」という印象を与えてしまうに違い有りません。東日本大震災以降、私は、メディアによる印象操作の恐ろしさを感じています。こどもたちも見て楽しんでいるであろうグルメ番組、もう少し内容を考えて欲しいと思います。

Copyright (C)2017富士山の見える場所でグルメを.All rights reserved.