グルメはいろいろな意味があります。フランス語から来ていますが、一般的には食通と言われています。

富士山の見える場所でグルメを
富士山の見える場所でグルメを

いろいろな種類のグルメ

グルメというと、フランス語的には料理の味に詳しい人を指し、この意味では日本においては一般的に食通とか美食家という言葉が使われます。日本では、かの有名な北大路魯山人が真っ先に頭に浮かびます、一時期、日本では料理対決の番組があっていました。キッチンスタジアムと称する場所で、街の料理人の挑戦を超A級の料理人が受けるというものでした。

挑戦者には街の洋食屋さん、いわゆるB級料理のシェフも参加していました。一つの食材をテーマに作るので、一つの食材がいろいろな料理に変化するのはおもしろかったです。和食の料理人がチーズをテーマに料理を作ったりして、ショー的な要素が強かったです。最近はああいった番組はなくなりましたが、家庭での料理の作り方を紹介する、昔ながらの料理番組はえんえんと続いています。グルメといってもお金を持っていればいろいろな食材を手に入れることができ、いかようにでも料理してもらえますので、自分には縁がありません。安くておいしいものを探して食べるのが楽しいように思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2017富士山の見える場所でグルメを.All rights reserved.